第15回RUNLAB@横浜 ケガを予防し、パフォーマンス上げるために大切なこと

こんにちは。

施術を行う傍らランニングトレーナーとして関わる皆様に健康と笑顔をお届けする

町の整体院あおたけ院長の八田です。

2月15日(土)に院外活動として行っていますランニングイベント「RUNLAB」開催しました。

「RUNLAB」とは私が所属するランニングトレーナー協会「JRTA」が主催する

「日本で唯一走り方を学べる」をコンセプトに毎月実施してるランイベントです。

横浜開催は私たち2人が担当してます!

走り方を学べるランニングイベントですので、開催ごとにテーマを決めて走り方を学んでもらい、参加された皆様のランニングライフがより快適になれるよう楽しく笑顔で(時には厳しく?)お手伝いしています。

 

さて今回で15回目の開催です。

15回目のテーマは

「ランニングのウォーミングアップ」

走る前に体操だけではダメ?(画像はイメージです)

ランニングに限らずウォーミングアップのイメージというと

・体操

・ストレッチ

・軽い運動

こんなイメージがあるかと思います。

 

そもそもウォーミングアップの目的というのは、「運動によるケガの防止、運動時に最大限に力を発揮できる状態にすること」です。

ケガの防止、力を最大限発揮するには運動にあったウォーミングアップが必要です。

そこで「RUNLAB」では、ランニングの時最大限の力が発揮できるウォーミングアップメソッドをお伝えします。

更に付け加えると走るということは、どのスポーツでも共通して行う動作です。

つまりあらゆるスポーツに対応可能ということです!

楽しく走るにはウォーミングアップこそ大切!

話を戻します。

今回のウォーミングアップメソッド。

特に「股関節」に焦点を当てて実施しました。

特に男性は股関節周り固い方多いです(私も固いです💦)。

しかし動かすポイントをしっかり押さえていれば…

 

先日のマラソン、調子に乗って走ってる時

誰でも気分良く走れます!

ただし、今回実施したワーク地味にきついです(私は本当に苦手です💦)

 

どちらも股関節に効きます。詳しくはRUNLABで(笑)

合間にトレーナー同士のふざけ合い。笑顔大事ですよね(笑)

ワーク後は、皆で動きの確認ラン。RUNLABは2時間の枠で行っていますが、ランニングする時間はトータルでも30分弱。走ってトレーニングするよりも大切なこと、それは…

自分の体の動きをしっかりと把握できるようになることです!

みなとみらいをエンジョイラン。ちゃんと走ってますよ(笑)

今回初めて参加した方からも

「走る感覚が今までと違う!」、「今までの常識と違い目からウロコが!」

と驚きの声をいただきました!

ここで大切なヒント
・ただストレッチすればいい訳ではないです。
・股関節大事です。しかし、もっと大事なのは○○○。
・股関節スムーズに動かすには○○の動きも大事。

是非考えてくださいね。

次回「RUN LAB」は
3月14日(土) 11:00〜

テーマは
「ランニング時の下半身の使い方」

この下半身の使い方理解できるとランニングして足が太くなる人、細くなる人の何が違うか理解できます。

足が太くなる人は太くなってしまう動きをしています。

気になる方は「RUNLAB」へのご参加お待ちしてます!

↓申し込みはこちらから(ロゴをタップしてくださいね)↓

最後までお読みいただきありがとうございました!