HOME > あおたけブログ > ランニング > 第4回RUNLABイン横浜

あおたけブログ

< ぎっくり腰にお悩みの方へ  |  一覧へ戻る  |  第5回、第6回RUNLABイン横浜 >

第4回RUNLABイン横浜

2月16日(土)に4回目のRUNLABイン横浜開催しました。

RUNLABとは、”日本で唯一、走り方を学べるランニングイベント”をコンセプトに、ビギナーランナーからファンランナー・アスリートまでが、楽しく充実したランニングライフを送るためのイベントレッスンプログラムです。

今回もアシスタントトレーナーとして参加させてもらいました。

マラソンシーズンもいよいよ佳境です。

記録を狙うのも大切ですが、まずは走ることを楽しんでもらえること。

RUNLABは「実はこんなに楽して走れる」、「皆で競争するわけではないので、気持ちよくランニングが楽しめる」こんな事をしっかりとお伝えしていきます。

|走り方を学べるイベントRUNLABの流れ
第4回目のRUNLAB、1回目はウォーミングアップ、2回目はランニングの重心位置について。
前回は、ランニングでの腕振りについて。
そして今回はランのアフターケアについて。

最初は1ヶ月の近況報告の後、ラン後のアフターケアについて質問。

とりあえず、ストレッチで筋肉伸ばしたり、何となく自分で足を揉んでみたり…。

皆さんうつむきかげんで答えてました(笑)。(画像がなく申し訳ないです…)

実はアフターケアに関する質問、トレーナー活動してると圧倒的に多い内容です。
過去に部活動やられていた方などは、昔の延長で何となくストレッチしてる方もいますが、果たしてそれでいいのか?本当にアフターケアできているのか?

この疑問を解決すべくイベント開始です。
いつもはウォーミングアップラン~トレーニング~ランの流れですが、今回のテーマはアフターケアですので、最初に少し疲れるくらいのペースでラン。
RUNLAB当初は、私がペースを作りランをしてもリズムが乱れたり、少し辛そうな表情を出すこともありましたが、回数を重ねるごとにリズムを乱すこともなく、むしろこちらを煽ってくるような(?)ペースアップをするようになり、参加者の皆様のレベルアップを感じることができました。継続は大切ですね。

段差を利用してのアフターケアのストレッチ。ストレッチというと痛いのを我慢して無理矢理伸ばそうとする人いますが、そんな必要はありません。
ストレッチしながら確認するのは、ランで必要な筋肉に負荷がかかっていたかどうか。そして使いたくない筋肉に負荷がかかっていないか。

この確認作業が、体の動かし方を学ぶ大切な要素になります。
不必要な箇所ばかり負荷がかかっていましたら、辛さが勝ってしまいランが楽しめなくなります。

座ってやるストレッチと、筋肉の細かい点へのケア方法。皆が真剣に取り組む中トレーナー達ははしゃいでいます(笑)。
細かい点のケア方法。気になる方はRUNLABに参加し、ご自身で体験してください。言葉では伝えられない内容です。

ラン後足に痛みが出るのは、実はそんなに大きな問題ではありません(私もトレーニング内容によってはがっつり痛みが出ます)。
大切なのは、使いたい筋肉に負荷がかかっていたのか、使いたくない筋肉に負荷がかかっていないか、走り方に問題があったのか、筋力がまだ足りていないのか等々体から発する情報に気づいて対処できるかです。
ランもそうですが、トレーニングも点で行うと効果は出にくいです。いかに日々のトレーニングを結び付け点ではなく線にするか、そういう意味でもアフターケアはとても大切な要素です。

|全4回ご参加いただいたランナーのお声

全4回をご参加いただいたランナーの声 マラソンシーズンにもすぐ活かせるように、と始めたRUN LAB。
全4回をコンプリートしてくださったランナーSさんから 嬉しい初レースのご報告を頂戴しました。

☆ 第4回イベント翌日に10㎞を64分37秒にて完走! エントリーしたものの、70分の時間制限を心配されていましたので スタートの整列からレース運びまで不安なく臨めるように イベントのジョグの時間を使ってアドバイスさせていただきました。
↓以下ご感想です↓
『RUN LAB参加前は、歩きを入れつつ5㎞走るのも怪しかったのですが 今回はイベントで5㎞走った翌日なのに、すごく楽に走れました。
走る前のアップも講座を思い出しながら実践し、安心してスタート。 レース中の意識の保ち方も教わったとおりにできたおかげで 周りを見る余裕すらあり、自信をもって走りきれた気がします。
ゴールの後もちゃんとケアしたら、翌日の痛みもありません。 今年の秋にはハーフマラソンにチャレンジしてみたい!と走ることが楽しくなりました。』

完走証と一緒に笑顔で記念撮影。お疲れさまでした!

お伝えしてきたことが身になり、結果として残せたことがトレーナー冥利につきます。更に高い目標を設定するところが素敵ですね。


|次はあなたの番です!

次回は3月16日(土)です。
テーマは「ランのウォーミングアップについて」
内容は第1回に戻りますが、ここで用いるトレーニングメソッドは全4回の根幹になる部分。
内容によっては、全4回全てで使用することもあります。

・ランに興味あるけどケガが怖い。
・いつもウォーミングアップ無しで走ってる。
・ウォーミングアップの重要性が分からない。
・RUNLAB興味あったけど、途中から参加するのが不安だった。

1つでも当てはまるあなた。これから始めるチャンスですよ!
ご参加お待ちしています。

↓詳細・参加申し込みはこちらから↓
https://run-lab.jp/


カテゴリ:

< ぎっくり腰にお悩みの方へ  |  一覧へ戻る  |  第5回、第6回RUNLABイン横浜 >

同じカテゴリの記事

第5回、第6回RUNLABイン横浜

3月16日(土)、4月20日(土)に5回目、6回目のRUNLABイン横浜開催しました。

RUNLABとは、”日本で唯一、走り方を学べるランニングイベント”をコンセプトに、
ビギナーランナーからファンランナー・アスリートまでが、
楽しく充実したランニングライフを送るためのイベントレッスンプログラムです。

今回もアシスタントトレーナーとして参加させてもらいました。

私がブログ更新さぼっている間に、2回行ってしまい
且つマラソンシーズンもひとまず終了しました。

という訳で2回分まとめてお伝えします。

|走り方を学べるイベントRUNLABの流れ
全4回シリーズののRUNLAB、
第5回は1回目に戻り
ランニングのウォーミングアップについて、
第6回はランニングの重心位置について。

皆笑顔で走ってます(画像は6回目のRUNLAB)



1回目に戻ったからといって、内容全く同じということはありません。

過去参加された方にも、今回初めて参加された方にも今までとの違いを
しっかりと体感してもらいます。

|ランのウォーミングアップについて
初めての方もいらしたので復習もかねて、
JRTAメソッドの1つ、
「ウォーミングアップのウォーミングアップ」からスタート

ウォーミングアップというと、体操したり、ストレッチしたり、
ちょっと走ったり…。

ここで1つ質問。
「そのウォーミングアップ、体は思うように動かせてますか?」

ウォーミングアップを効果的にするには、
まず現状をしっかりと把握することが大切です。
走るときに意識するポイントチェック
動かせてますか?脱力できてますか?

アップのアップですが、皆さん想像以上の疲れに驚いていました。
それだけ、普段体の感覚が弱くなってるということです。

しかしこの後の5㎞ラン、皆さん体の軽さにびっくり。
疲れを感じず笑顔で走ってました。


|ランの重心位置について
6回目はランの重心位置について
ランニングする時、特に重要なポイントです。

これを正しく知るだけで、ランがとても楽にできるようになります。

という訳でまずは参加者に質問「正しいポイントはどこでしょう?」
正解はRUNLABでお伝えします(笑)。

この質問をするとほぼ全ての方が、ポイントがずれています。
それだけ、足や体に負担のかかる走り方をしてしまっています。

正しい重心ポイントで走れるようにワークスタート。
1つ1つの動きは大した運動に見えませんが、
この積み重ねが走り方を変えていきます。

当たり前ですが、無駄なワークは1つもありません。
1つ1つの点がしっかりと線に結びついていくと、
ランニングこんな楽なんだと実感できます。

少しずつペースを上げながら走りましたが、皆さん楽についてきます。
画像では伝わりませんが、皆さんあることが変わってます(答えはRUNLABで(笑))。


 
|走り方が変わればランも楽しくなる
ランニングきついと感じる方のほとんどの原因は
「楽に走れる方法を知らないから」
これだけです。

楽に走れる方法を知り、一緒に走る仲間がいましたらどんな方でも
ランニングすることが楽しくなります。

RUNLABは、
ランニングに少し興味あるけど何からしていいかわからないあなたに、
ランニングが楽しいと思えるようにお手伝いします。
一緒にランニングする仲間達と、お待ちしてますね。

次回は5月25日(土)です。
テーマは「ランの腕振りについて」

ランニングで肩がこる方意外と多いです。
腕振りが変われば、姿勢も変わります。
ふるって参加お待ちしてます!

↓詳細・参加申し込みはこちらから↓
https://run-lab.jp/

第3回RUNLABイン横浜

1月19日(日)に3回目のRUNLABイン横浜開催しました。

RUNLABとは、”日本で唯一、走り方を学べるランニングイベント”をコンセプトに、ビギナーランナーからファンランナー・アスリートまでが、楽しく充実したランニングライフを送るためのイベントレッスンプログラムです。

今回もアシスタントトレーナーとして参加させてもらいました。

この時期、マラソンの大会が全国各地で毎週開催されています。

また箱根駅伝などに感化されランニングを始める方も多くいらしゃいます。

RUNLABは「実はこんなに楽して走れる」、「皆で競争するわけではないので、気持ちよくランニングが楽しめる」こんな事をしっかりとお伝えしていきます。

|走り方を学べるイベントRUNLABの流れ
第3回目のRUNLAB、1回目はウォーミングアップ、2回目はランニングの重心位置について。
そして今回は、ランニングでの腕振りについて。


まずは、前回後の近況報告や、シェアをした後ウォーミングアップ兼ねてのラン。前回の寒さに比べ、今回は天候に恵まれました。

トレーニングに入る前に皆さんの腕振りに対する印象をヒアリング。
「スピード出すために腕を大きく振れと習ったことがある」
「頑張って腕振ると力んでしまい余計つかれちゃう」

よく体育の授業でも腕をよく振ってとか言われた経験ありませんか?

確かに、短距離走やマラソンのラストスパートでは腕を振ってる印象ありますよね?
特にトップ選手であればあるほどスピードがすごい出てる印象ありますね。

そしてここで衝撃的(?)な事実が。

「腕は振るんじゃなくて●●●●●!」

この感覚を身につけていただくために、早速トレーニングへ

腕振りでまずポイントとなるのが、リラックス。普段どれだけ力が入っているか、そして力が抜けないかチェック。
簡単な動きですが、できない方がほとんどです。それだけ普段の生活から力が入っているということです。

力が入った状態から脱力できる状態に変化させるためのトレーニング。
前回、前々回でやった内容も交えながら行っていきます。
ランニングは全身運動ですので、上半身リラックスするには、当然下半身もリラックスしてないといけませんよね。
トレーニングしてどれくらい動きが楽になったかチェック。
最後は皆で確認ラン。
最初のランより、皆さん腕振りリラックスして走れてます。
ちなみに腕振り変われば、ランのスピード変わります。
理由は、しっかり振るのではなく体がリラックスして、余計な力が抜けているから。
ランのペースは私が調節してますが、今回ちょっとペースを上げても皆さん余裕でついてきていました。

大さん橋近くのインスタスポットで笑顔の記念撮影(ミーハー感だしてます笑)。
初回の頃はちょっとキツそうだった方も、今回距離を伸ばしてペースを上げても問題なく笑顔で走っていました。
参加された方達の進歩を感じることができ、トレーナー冥利につきます。

腕振りのポイントは?
腕振りのポイントは、しっかり振るのではなくどれだけリラックスして脱力できているか。
まとめると「腕は振るんじゃなくて●●●●!」(●●に入る内容是非考えてください)

これができると、余計な肩こりや頭痛の予防になるのと、よりキレイなボディラインを作る手助けになります。

ランニングやトレーニングの本、またはテレビなどでもこの情報は出てるかもしれません。
しかしご自身の体でまずは体感してみる。
これに勝るものはありません。

簡単にできてるつもりでも実は全くできていない。本当に多いです(実際私もそうでした)。

まずはご自身の体を通して知ってもらう。
私達トレーナーはその為に、お伝えしていきます。

次回は2月16日(土)です。
テーマは「ランのアフターケア」
この仕事をしてると最も質問をいただく内容です。

ウォーミングアップして、走ってハイ終わり。
そんなことはありませんよね。

ラン後のアフターケアがケガの予防につながり、疲労回復の手助けをしてくれます。
走った後疲れが取れにくい、動くのがしんどいとお悩みのあなた。
ご参加お待ちしています。

↓詳細・参加申し込みはこちらから↓
https://run-lab.jp/

|イベント中の一コマ
今回頑張ってる参加者を横目に自撮りではしゃいでいました(笑)。
和気あいあいと楽しく学べるのもこのイベントの魅力ですね。

第2回RUNLABイン横浜

12月16日(日)に2回目のRUNLABイン横浜開催しました。

RUNLABとは、”日本で唯一、走り方を学べるランニングイベント”をコンセプトに、ビギナーランナーからファンランナー・アスリートまでが、楽しく充実したランニングライフを送るためのイベントレッスンプログラムです。

11月より開催し、今回が2回目となります。今回もアシスタントトレーナーとして参加させてもらいました。

誰でも気軽に始められるスポーツとして、一番に挙げられるのがランニングなんですが、皆さんランニング=持久走のイメージが強くて一歩踏み出すのに勇気がいるんですよね。
またランニングは、手足を動かせばそれとなく形ができてしまうので、体育の授業でも細かく教えてくれるということはまずありません。

なのに学校では、校内マラソン大会やスポーツテストなどで順位付け、記録を残すなどするので余計嫌になってしまいますよね。

RUNLABは「実はこんなに楽して走れる」、「皆で競争するわけではないので、気持ちよくランニングが楽しめる」こんな事をしっかりとお伝えしていきます。

|走り方を学べるイベントRUNLABの流れ
さて第2回のRUNLAB、前回は「ランニング時のウォーミングアップについて」、そして今回は「ランニング時の重心位置について」。
いよいよランニングの本質についていきます。

まずは、前回参加された皆様とこの1ヶ月の変化、気づきなどをシェア。2回目開催される間にフルマラソン完走された方が前回の内容が役に立ち1度も歩くことなくフルマラソン完走できたそうです(僕も頑張ります)。
まずは、ウォーミングアップのラン。皆さん前回の内容が活かせているのか、前回よりもリラックスして走れています。シューズを使って、ランの際の重心位置を説明。大変重要な内容なので、メイントレーナーのぶっきーさんも説明に力が入り、参加者の皆さんも真剣に聞き入っています。
重心位置を掴むためのエクササイズとトレーニング。皆さんふらふらしてるわけではないですよ(笑)。
エクササイズ、トレーニングで得た感覚を活かしてのランニング。今回は大さん橋のアップダウンを加え、距離も伸ばしましたが、皆さん前回よりも笑顔でリラックスしてランニングできていました。
大さん橋で記念撮影。前回は半袖Tシャツで大丈夫だったのに、今回は着こまないと辛いくらいの寒さ。でも皆さん走ってすぐに体は暖まりました。

今回も「もっと走りたくなった」、「今までのランニングと意識が変わった」など嬉しい言葉をいただけました。寒いと一人でランニングするのは億劫になりますが、仲間がいれば走りやすくなりますね。

ランの重心位置で意識すること
ポイントは着地する時、どのポイントに体重をのせるか。この理屈が理解できるとランニングに詳しい方はお分かりいただけますが「フォアフット双方」、「ミッドフット走法」など走り方にこだわる必要なくなります。
更に今世間を騒がせている某スポーツメーカーの厚底ランニングシューズ、このシューズの機能も最大限に活かせることができます。

そしてこの重心位置が理解できれば、脚のラインを綺麗に見せ美脚に繋げることが可能です(ランニングすると足が太くなるとお悩みの方は、この点を変えることが必須です)。

次の開催は1月19日(土)です。
テーマは「ランニング時の腕振りについて」
ランニングすると肩がこる、頭痛がする、首・腰が痛い方はここに原因があるかも。
お悩みの方はご参加お待ちしております。

↓詳細・参加申し込みはこちらから↓

https://run-lab.jp/


|イベント中の一コマ

イベントとはいえ、ストイックに頑張ってるんじゃないのかな?と思われる方もいるかと思いますが、皆さん和気あいあいと楽しんでます(笑)。


2018年レース結果

今年も12月にフルマラソン走ってきました。

今回のレースは昨年と同じ沖縄「NAHAマラソン」。

昨年思ったより調子よく走れたので、今回は自己記録を更新しようと気合(だけは)入っていました。
気合(だけ)は入ってましたが、今年はマラソンに向け走る量が少なかったので(その代わり体軸トレーニングは少し多め)、実際どこまで走れるか不安な気持ちと意外といけるのではないかという楽天的な気持ちが入り混じってました。

そして迎えたレース本番


見事に快晴です。昨年は曇りで長袖1枚羽織ってちょうどいい感じでしたが、今年は暑い。沖縄いる間ずっとTシャツ一枚でした。
昨年に比べて気温が高く日差しも出ていたので、普段キャップ被って走ることないのですが、今年は熱中症対策も踏まえて被って走ることに。

スタートしてすぐだと思います。昨年は熱が逃げない感覚があり、だるさを感じてましたが今年はそういう感覚がなく結構いけるのではないかと感じていました。

5㎞過ぎ辺り。この辺りから少しずつ自分のペースで走ることができたのと、体感として暑さをそこまで感じていなかったので、給水も無理にとっていませんでした。

しかしトラブルが起きたのは20㎞手前。無理に給水を取らなかったのと、取ろうとしたポイントで給水失敗したツケがきたのか、暑さによるふらつきと体にしびれを感じ、やや熱中症状態に。
ここで一旦ゆっくりと走りながら、状態確認、補給をし25㎞前にはある程度回復できたので、再度ペースを元の状態に。

しかし26㎞過ぎで想定外のトラブルが(このトラブル内容はブログで書けませんので、興味ある方は来院時お尋ねくださいね)。
このトラブルの影響で両太もも、ふくらはぎをつり走るどころか歩くのも困難な状況に。

30㎞以降徐々に回復はしましたが、もう記録を狙える状況ではなくほぼ歩く状態でした。

それでも残る力を振り絞り残り3㎞から頑張ってスパート
最後運動公園に戻ってきた時には、両サイド応援の方が多数いたので残る気力を振り絞って走りました(全くスピード出ませんでしたけどね)。


ミッキーマウス被ったおじさんに勝ったか負けたか覚えていませんが、何とかゴール。今回は完全に失敗レースでした。

記録は初マラソン以来のワースト記録。ポジティブに考えるのであれば、途中何度か5時間オーバーを頭が横切りましたがオーバーしなかったこと。
今回は暑さ対策や、レースの流れの見方など反省点がたくさんありました。
調子も昨年より良かっただけに本当にもったいないことをしてしまいました。

次のマラソンでリベンジです。
次は…

実はもう決まっています(笑)。

~おまけ~
昨年に続き今年もマラソン後首里城行ってきました。
昨年コンプリートできなかったスタンプラリー、今年は完全制覇です(笑)。
今年は、改修工事終わっていたので全貌見ることができました。




RUNLABイン横浜

私が所属してるトレーナー協会でランニングイベント「RUNLAB」始めることになり、アシスタント兼トレーナーとして参加させてもらいました。

RUNLABとは、”日本で唯一、走り方を学べるランニングイベント”をコンセプトに、ビギナーランナーからファンランナー・アスリートまでが、楽しく充実したランニングライフを送るためのイベントレッスンプログラムです。

ランニングイベントは探すと色々開催されてるのですが、走り方を学べるってないんですよね(大体が集まって皆で体操などして走るなど)。
走り方を学べると一体どんなことが期待できるのか。

|走り方を学べるメリットとは?

・走ることは各スポーツにおける基本的な事なので、パフォーマンスレベルアップ
・走ることは歩くことの延長線。なので正しく走れれば、歩き方も変わります
・走り方をしっかり学べば、ランニング時の膝痛・腰痛・足首の痛みの予防に
・効率よく走れるので、走っても中々痩せない、脚が余計太くなるということがなくなります。

等々メリットあげたらキリがありません。
私もこのコンセプトに賛同したので、携わらせてもらってます。

|走り方を学べるイベントRUNLABの流れ

さて今回のランニングイベント、まず最初ということでテーマはウォーミングアップについて

まずは参加された皆様にご挨拶

メイン講師ぶっきーさんからのイントロダクション

最初に現状把握のためのラン(1㎞弱ほど)

メインとなる講座開始

皆さんぶっきーさんと同じことしてますが、これだけ動きに差が出てます。これが走ることにも大きく影響しちゃうんですね。

最後に皆で3.5㎞ほどラン。普段走ってる方も、いつもより楽に走れると驚いていました。

皆で記念撮影。天候もよく、みなとみらい周辺は坂がないので気持ちよく走れました。
 

皆さん講座受けられた後のランでは、最初と違いリラックスして走っていました。
最初脚を痛めていて今日走れるか不安とおっしゃっていた方も「いつもより走れてる」と驚かれていました。

|ウォーミングアップで意識するポイント

今回のポイントは「リラックス」です。
「脱力」と言ってもいいのですがこれができるかできないか、実はこれ腰痛や肩こり、頭痛に悩まされてる方にも言えることです。
悩まされてる方自分ではリラックスできてると思っていますが、大概力が入って緊張していますね。

今回参加された方より
・いつも走るより爽快に走れた
・走るのが楽になった
・余計な力が抜けた感じがする
・足が楽に動くようになった
等々喜びの声をいただいております。

一人で黙々とやる事も当然できますが、一緒に走ってくれる仲間がいることでより学ぶことの吸収、実践ができるようになりますので興味を持ちましたらご参加お待ちしております。

次回開催は12月16日(日)です。
次回のテーマは「ランの重心位置について」です。
走るうえでもそうですが、パフォーマンスアップ、歩き方、腰痛予防、ダイエット等々様々な面で重要になる要素です。

ちょっと試してみようかな、少し運動しようかなと思われてる方も是非お待ちしております。

↓詳細・参加申込はこちらから↓
https://run-lab.jp/

このページのトップへ